お片付けのプロ集団アンカーズ

アンカーズのアドバイザー

主な取得資格

・遺品整理士

・遺品査定士

・事件現場特殊清掃士

・整理収納アドバイザー1級 2級

・整理収納アドバイザーBAV

   (ビジネスアシストバージョン)

・ルームスタイリスト2級

・終活カウンセラー初級

これまでの”ごみ屋”ではできなかった、整理収納のスキルを基とした誰にも真似できない整理収納支援それが、ゴミ屋レボリューション「お片付けのプロ集団アンカーズ」

㈱環境管理センターでは20年以上前から一般家庭向けの廃棄物処理(粗大ごみ・不要品の処理)業務を行ってまいりました。その中でお客様から数多くのご意見・ご要望を頂いております。しかし、近年お客様からのご要望に大きな変化が現れてきました。これは戦前戦後のモノの無い時代から、大量消費時代への変化を経験されてきた世代の高齢化や、核家族化といった社会的な背景なども大きく影響している事と思われます。共通して言えるのは、多くのご家庭で増えすぎたモノを抱えてどうすれば良いのかと悩まれおられる事です。以下に現在多く寄せられるご要望を挙げてみました。

 

・モノが多すぎてどこから手をつけて良いかわからない。

・子供の無い叔母が亡くなり、叔母の住んでいた家を片づけなければならないのだが、モノが多すぎて手に負えない。

・亡くなった母親から頂いた着物だが、着る見込みもなく、しかし捨てるに忍びないしどうしたら良いのか。

・価値の有るモノがたくさんあると思うのだが、分別して買い取ってもらえないか。

・思い出のある品物なのでゴミと一緒にしてほしくない。供養などしてもらえるか。

・子供のモノなど、どのように手放していいのか気持ちの整理がつかない。

・高齢の親がモノを捨てられず、口論になり片付けが進められない。

・相続した親族の家がごみ屋敷になっている。その一軒家の片付けと、中に有るはずの土地権利書を探してもらえないだろうか。

・一軒家に住んでいた父親が孤独死した。消臭も含めた原状回復と、生命保険の証書がないか探してもらえないか。

・父の部屋の介護臭がひどいのでショートステイ中に、掃除と消臭をしてもられないか。

・遠方に住んでおり、実家の片付けが思うようにできない。すべて分別整理して、位牌など必要なモノを郵送してほしい。

 

このようなよりパーソナルなご要望をお持ちのお客様への対応は、これまでの廃棄物処理(ゴミ屋さん)という枠組みの中では専門知識を持っていなかったため難しいという状況が数多くありました。そこで私たちは廃棄物処理という枠組みを越え、処理の上位概念とも言えるモノの整理という分野に目を向けたのです。そのことで、モノと人との関係性をより良い形にするための必要なスキルを習得し、包括的なモノの整理を実施するプロ集団としてこれまではなかったお客様との関わりを持つことができました。

この仕事をづづけモノと向かいあって来た訳ですが、実感として感じるのが「モノの整理は心の整理」であるということです。モノとの関係を複雑にしている原因は人間側にあります。そのある種のモノへの依存の中から解放されることで、心の整理が進み本来の自由な輝いた自分自身を見つけ出すことができるのです。

 

私たちアンカーズのミッションは「モノいっぱいからの解放による心の浄化」です。

現在多くの人が抱えている「モノが多すぎる」という問題をその人にとって最善の形で解決すること、そして人が本来持っている輝きを取り戻すことこそが私たちの使命です。

アンカーズ運営会社

株式会社 環境管理センター

山形県鶴岡市白山字村北128-11(本社)

山形県鶴岡市宝田三丁目17-27(廃棄物処理施設・アンカーズ)

会社概要:株式会社 環境管理センター ホームページをごらんください

各種お問い合わせフォーム

お気軽におたずねください

アンカーズへのお問い合わせ

株式会社 環境管理センター

〒997-0011

山形県鶴岡市宝田三丁目16-20

TEL:0235-25-0801

FAX:0235-25-0862

定休日:日曜・祝日 土曜不定休(営業日カレンダー参照)

受付:午前8時30分~12時 午後1時~4時30分

不要品のお持込も承ります。

←環境管理センターのHPへ

営業日カレンダー
※無記載日は営業しております。