November 3, 2015

  10月29日 NHK文化センター庄内教室さまにおきまして新しい講座「終活の第一歩 エンディングノートの書き方」を開催致しました。終活(しゅうかつ)という言葉も一般化しその中でエンディングノートを買い求められる方も多くなりました。しかし実際に筆を進めておられる方は全体のわずか7%と言われております。私自身もエンディングノートを書いていますが、実は書くのが難しい。言葉の意味が分からなかったり、なかなかすぐには判断できない項目などがあります。

 「世の中には絶対ということは無い、だから絶対という言葉を使うな」と子供の頃今は亡き祖父からよくこのように教えられました。しかし人が死ぬという事においては100%、絶対という事が言えます。起きもしない事を憂いたりして生活をしているわりに、人はこの絶対訪れることには目を背けがちです。

 このエンディングノートの書き方セミナーでは遺品整理や孤独死現場で私が実際...

September 21, 2015

時計式 ToDo管理 付せん という商品を使って一週間が経過しました。この商品は、土橋正著 モノが少ないと快適に働ける の中で取り上げられとっても気になって購入しました。

 この本では、ビジネスにおける整理に対する考え方と共に文具をこよなく愛する土橋氏が実際に仕事場で使用しているグッズが紹介されており参考になります。

 時計式 ToDo管理 付せん は、午前・午後一つづつ丸がかいてあって、丸一つで12時間の予定を書くことができます。ポイントは普通は箇条書きにしてしまうToDoリスト(やらなければならないこと・忘れてはいけないことリスト)が区切られた時間の中に記入することによって、詰め込みがちの予定を整理しその時間に本当にやるべきことが明確になることです。箇条書きToDoリストだと到底できそうにない予定を無理やり詰め込み、アッチをやったりコッチをやったりでどれもクオリティー低いなどということが多...

December 17, 2014

高齢者の整理収納サポーター養成講座に参加しております。高齢者の心理的
身体的特徴やそれらに配慮した整理収納について、具体的な事例を基に学ぶ講座です。
高齢者の悩み・要望に共感する。そして改善を共有する。ここに至るには、傾聴する事。即ち関心を持ち理解する事が大切なのだと改めて感じました。整理収納も人と人の信頼関係からなんですね。

 

 

 

 

 

 

November 7, 2014

南東北地域包括支援センター懇談会にお招き頂き、宮城県岩沼市を中心とした民生委員・ケアマネージャーの方々に向けて「安心・安全のシニアライフを支える整理術」というテーマでお話させて頂きました。宮城県では初めてのセミナーとなりましたが、問題点は山形と変わらない様子です。ごみ屋敷になった場合の改善方法などの質問があり、ご近所・地域ぐるみの対応について議論させて頂きました。

 

 

山形県鶴岡市・酒田市・三川町 お片付けのプロ集団 アンカーズ

 

 

 

October 10, 2014

「安全と清潔な環境をつくる高齢者のための整理収納術」講座に参加してまいりました。高齢者のケガの6割は自宅で行っており、その多くは寝室で発生しています。

ケガが原因で介護が必要となるケースは全体の10%であり、環境整備の必要性を強く感じます。
また介護が必要となってからも、介護する側とされる側が心地よい空間を整理収納や介護状態に合わせた物の配置によってつくる事ができるのです。
ベッドの配置一つで、状況が大きく変わるという事を学びました。

 

 

山形県鶴岡市・酒田市・三川町 お片付けのプロ集団 アンカーズ

 

October 3, 2014

ブランディングコンサルタントとして全国を飛び回っている安藤竜二氏の「ブランド道場」へ参加して来ました。自社の強みをいかにして発信すべきか、大きなヒントを頂きワクワクしています。

 

 

 

 

September 23, 2014

庄内企業品質研究会に参加しています。今回のテーマは「顧客価値創造と成果」です。企業のあるべき姿をこの勉強会を通じて学んでおります。

 

 

 

September 5, 2014

遺品整理士認定協会主催の遺品整理スキルアップセミナーに参加。

 

遺品整理とは以前はご遺族の務めであるというのが定説でした。しかし、核家族化・少子高齢化に加え物が溢れかえる時代となり、ご遺族だけの力では難しいというのが現状です。

団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて、私たち遺品整理士は最良の支援ができるようしっかりと準備をしております。

今回のスキルアッ