各種お問い合わせフォーム

お気軽におたずねください

アンカーズへのお問い合わせ

株式会社 環境管理センター

〒997-0011

山形県鶴岡市宝田三丁目16-20

TEL:0235-25-0801

FAX:0235-25-0862

定休日:日曜・祝日 土曜不定休(営業日カレンダー参照)

受付:午前8時~12時 午後1時~4時45分

不要品のお持込も承ります。

←環境管理センターのHPへ

営業日カレンダー
※無記載日は営業しております。

高齢の親の家を片付ける

July 25, 2014

「健康寿命」という今まではあまり使われてこなかったような言葉が平然と使われている。健康寿命とは、健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間の事だ。厚生労働省(平成22年)の調べによれば男性70.42歳、女性73.62歳となっている。平均寿命が男性79.55歳、女性86.30歳であることから、男性は9.13年女性では12.68年という期間において介護など他者からのサポートが必要となる。

終活やエンディングノートの普及など、これまでは「縁起でもない」とタブー視されていたことが明るみに出、終末期に目を向ける人が多くなっている。そして、健康寿命を超えた人生ラスト10年をどのように迎え・生きるべきかということについて、各方面で様々な試みが提唱されている。その中で、モノと自分のあり方を見直そ...うという動きがある。

 

「老前整理(ろうぜんせいり)」もこの様な終末期に対する考え方の一つだ。提唱者の坂岡洋子さんは、福祉住環境コーディネーターとして主に介護保険における補助金申請についての講師をしていたが、受講者の声から在宅介護現場の実情を知り、自らケアマネージャーとなって在宅介護の現場でモノと高齢者・家族の関係を見つめて来た。その中で、助成金によって廊下に手すりを取り付けても、廊下の床面に家財道具が積み重ねられており、手すりに手が届かないというような場面に多く遭遇した。高齢者は手すりではなく、不安定な家財道具を伝って移動しているため転倒する場合や介添え人を必要とする場合が多く、せっかく取り付けた手すりは何の意味も持たなかった。家財道具を処分したり、移動すれば良いとも考えられるが、現在は介護者も65歳以上の老老介護の割合が極めて多く、高齢の為簡単に家財道具を移動できないというのか現状である。

 

 

山形県鶴岡市・酒田市・三川町 お片付けのプロ集団 アンカーズ

 

 

 

 

Please reload

注目の記事

庄内初!整理収納アドバイザー2級認定講座開催

July 21, 2015

1/2
Please reload

最近の記事

April 9, 2016

March 28, 2016

March 16, 2016

Please reload

過去の記事