1日16分の夫婦の会話

March 5, 2016

 IKEA製パーソナルチェアポエングを二つ購入しました。ついでにコーヒーテーブルも買いました。なぜかと言えば、妻が「1日16分以上の会話をする夫婦には金額にすれば月10万円以上の価値がある」という情報を私に教えてくれたからです。

 妻ともだいぶ長い付き合いになっておりますので、正直16分の会話は無いと思います。5分あるかな?というのが私の実感です。そこで、やはり夫婦の会話を大事にしよう!ということで、眠い目をこすりこすりネットでささっと購入しました。

 便利な世の中で、頼んだ翌日には手元に届き早速組み立ててみました。座り心地も中々、ハイバックなのにフレームのみのシンプルなデザインなので威圧感が無いなど妻にも好印象のポエングでした。ポエングはIKEAの定番商品となっておりますが、なんでも日本人のデザイナーが手掛けたという事でとても親近感がわきます。とここまでは良かったのです。私以外の家族の者は取り合うようにこのポエングに座るのですが、私にはどうにも受け入れられないネガティブ要素が一つだけありました。

 それはニオイです。ポエングには交換可能なクッションがついています。革製の物もあるのですが私は布製を選びました。この布の臭いなのかクッションの臭いなのか定かではありませんが、とても私には耐えがたい臭いがして気持ち悪くて座れないのです。

 私は現場で消臭の仕事も担当しています。非常に厳しい現場もあり、ちょっとやそっとの臭いにはへこたれません。しかしこの椅子に座るとそんな現場の状況が臭いと共にフラッシュバックして来るのです。

 現場での体験がなければ何のことはない臭いなのでしょう。現に家族の者には全く気にならない臭いなのです。臭いは専用のテスターで数値を計ることもできますが、目に見えず捉えどころの無い物です。まして、人の記憶と結びついた臭いは数値には表せません。心で感じる匂い・臭いとでも言いましょうか。これが消臭作業の難しさでもあります。

 話がだいぶ脱線しましたが、私もプロの消臭屋として専用ミストでしっかり消臭し、3日ぐらいでゆったりと座れるようになりました。妻との会話はまだできていませんが、きっとこのポエングが取り持ってくれるでしょう。

 

山形県鶴岡市・酒田市・三川町 お片付けのプロ集団 アンカーズ

 

Please reload

注目の記事

庄内初!整理収納アドバイザー2級認定講座開催

July 21, 2015

1/2
Please reload

最近の記事

April 9, 2016

March 28, 2016

March 16, 2016

Please reload

過去の記事